No.3 Aioi23クリニック(相生23クリニック)

Aioi23クリニック(相生23クリニック)

実績

・医療法人として運営しているためしっかりしている。
・院長自らが執刀を行なっている。
・患者に寄り添って診療を行なってくれる。

料金 150,000円
支払い方法

・現金払い
・クレジットカード

診療時間

平日、土曜日
10:00〜15:00
17:00〜23:00
※木曜日
17:00〜23:00
日曜日 休診

住所 〒231-0012

神奈川県横浜市中区相生町1-3 モア・グランド関内ビル1F

電話番号 045-222-7710
最寄り駅

JR関内駅南口より徒歩5分
市営地下鉄関内駅一番出口より徒歩5分

アフターケア

・電話にて無料相談

口コミ@

受付に女性がいたので緊張しましたが、手術は大丈夫だった

口コミA

ちゃらそうな院長だった。

 

 

パイプカット手術なら横浜の
Aioi23クリニック(相生23クリニック)に相談しよう

女性だけに限らず男性の場合は特に、性行為で妊娠への不安を感じたことがある方も多いのではないでしょうか?
そんな悩みを解消し妊娠を回避する治療方法が、パイプカット手術です。
パイプカット手術は横浜市でも施術される方が多い人気の治療ですが、セックスライフをより楽しみたいと思う30〜60代の男性におすすめの治療方法になります。
横浜市にあるAioi23クリニック(相生23クリニック)では、塩野院長によるパイプカット手術が行われています。
日帰りでできる手術なので横浜市外から受けにくる方も多いようです。
今回は、パイプカット手術を行うメリットをご紹介しつつ、横浜のAioi23クリニック(相生23クリニック)で行われるパイプカット手術についてご紹介していきましょう。

パイプカット手術とは

パイプカット手術は横浜以外でも全国各地で行われている手術ですが、パイプカット手術の特徴や術後の状態、誤解されている部分などは事前に調べておきましょう。
パイプカット手術は男性の避妊方法として受ける手術で、コンドームの使用や膣外射精と比較すると避妊成功率はほぼ100%と言われています。
妊娠する不安を感じることなく性行為を楽しむ方法としてパイプカット手術を検討されている方でも、身近に実際パイプカット手術を受けたことがある経験者がいなければ、医師に相談してみようと思う気持ちにはなかなかなれません。
パイプカット手術の正式名称は「精管結紮術」と言い、簡単に説明すると精子が運ばれてくる管を切断する手術のことを言います。
精子は男性器の睾丸にある精巣で作られ、管を通って精嚢に運ばれていきます。
一度精嚢に運ばれた精子は、前立腺と精嚢腺の分泌物と混ざって精液になるという仕組みです。
パイプカット手術は精巣から精嚢へ、そして精子を運ぶ管を手術によって切断することで、精嚢に精子が貯蔵されず精液に精子が含まれないようになります。
従って単純に精液から精子だけをなくす手術なので、これまでの性生活に違いが出ることはありません。
妊娠を希望しない夫婦が事前に話し合いを行った上で、子どもを作ることがこの先ないという結論が出たら、パイプカット手術は非常にメリットの大きい避妊方法と言えるでしょう。

横浜のAioi23クリニック(相生23クリニック)でのパイプカット手術とは

男性にとって敏感な部分である陰嚢を手術するため、怖いイメージを持ってしまうかもしれませんが、横浜にあるAioi23クリニック(相生23クリニック)で行われるパイプカット手術にはほとんど痛みがありません。
局所麻酔の注射を行う痛みは多少感じますが、陰嚢の皮膚は比較的痛みを感じにくい部位となっています。
麻酔が効いてきたら精管の直上に数ミリ程度の切開を行い、そこから少し鉗子で広げ皮膚直下にある精管を剥離してピンセットで外に引き出すといった作業が行われます。
引き出した精管についている血管や膜などを取り除いたら精管を出し糸で結紮し、その間の精管を切除した上で精管を陰嚢内部に戻したらパイプカット手術は完了です。
なお、Aioi23クリニック(相生23クリニック)のパイプカット手術で行う皮膚縫合で、自然に溶ける糸を使用した場合抜糸する必要はありません。
Aioi23クリニック(相生23クリニック)での手術時間は30〜40分程度と非常に短時間で完了するので、日帰りで対応してもらうこともできます。
横浜市外または県外からパイプカット手術を希望する方も、安心して治療に専念することができるでしょう。

Aioi23クリニック(相生23クリニック)でパイプカット手術を受けるメリット

横浜のAioi23クリニック(相生23クリニック)でパイプカット手術を受けた後、一番気になるのは勃起や性行為、射精が今まで通り正常に行えるかどうかという点ではないでしょうか。
パイプカット手術は先ほど説明した通り、精管が切断されていますが精子そのものは作られ続けています。
射精時に精子は含まれませんが、性欲や精力、勃起力が低下することはありません。
また、精液の量もこれまでより減ってしまうということもないでしょう。
ですから、射精感は損なわれないこと、そして妊娠の不安から解放されることで性行為がより楽しめるようになったという人の声はよく挙がります。
パイプカット手術後の傷跡は時間の経過と共に陰嚢のシワの一部に馴染んでくるので、目立たず綺麗な仕上がりとなります。
横浜のAioi23クリニック(相生23クリニック)で行われるパイプカット手術は局所麻酔のみで手術を進めていくので、術後のトラブルもほとんどありません。
術後の経過によっては手術終了後すぐに帰宅したり仕事をされたりする方もいるくらい、体に負担のない手術と言われています。
Aioi23クリニック(相生23クリニック)では、横浜市内でも珍しく診療時間が23時まで開院しているので、仕事などで忙しく時間が取れない方でも余裕を持って来院することができます。
また、パイプカット手術のメリットは男性だけでなく女性にも影響することも忘れないでください。
毎日女性にピルを服用してもらうといった負担もなくなりますし、コンドームを購入して装着するという煩わしさもありません。

横浜のAioi23クリニック(相生23クリニック)の特徴

パイプカット手術を受けられるクリニックは横浜でも多く見つかりますが、今回ご紹介しているAioi23クリニック(相生23クリニック)は、横浜の名医と呼ばれる塩野院長が在籍するクリニックです。
Aioi23クリニック(相生23クリニック)では、泌尿器科・一般内科を23時まで診察することを特徴としています。
来院される方の生活リズムの中で無理なく受診・治療・健康管理をサポートしてもらうことができるので、気軽に相談できるでしょう。
横浜のAioi23クリニック(相生23クリニック)でのパイプカット手術は、基本的に完全予約制となっていますが、初診の場合は予約なしで診療時間内に来院すれば受けられます。
患者が最適なパイプカット手術が受けられるよう、市大センター病院やけいゆう病院、横浜市立みなと赤十字病院などと連携しており、状況に応じて適切な医療機関を紹介することも可能です。
横浜市在住の方でAioi23クリニック(相生23クリニック)を初めて受診する方は、診察前に問診票を記入してもらう必要がありますが、Aioi23クリニック(相生23クリニック)では受付時間を少しでも短くできるよう自宅で問診票をプリントアウトして持参するというシステムを導入しています。
受診問診票は気になる項目全てにチェックを入れるだけの簡単な内容です。
ここでは当てはまる項目を記入し、具体的な悩みや言いにくい内容はAioi23クリニック(相生23クリニック)へ実際に来院した時に相談してみましょう。

パイプカット手術を受けるなら横浜市にあるAioi23クリニック(相生23クリニック)

Aioi23クリニック(相生23クリニック)は神奈川県横浜市中区相生町に所在する医療クリニックです。
JR関内駅南口から徒歩5分の場所にあるため、県外からのアクセスも非常に便利です。
問診票をもとに安全なパイプカット手術が行えるかどうか、手術方法や手術後のケア、精子検査などについて詳しく説明してもらえるので安心して来院することができるでしょう。
また、横浜のAioi23クリニック(相生23クリニック)ではパイプカット手術と併せて男性器を対象とする別の治療を受けることも可能です。
複数の治療を同時に行うことで個別に治療するよりも時間が短縮化され、大きな相乗効果も期待できます。
パイプカット手術後は数週間程度性行為ができない期間があるので、その期間を利用して別の施術も一緒に受けている方もAioi23クリニック(相生23クリニック)には多いようです。

 

横浜のAioi23クリニック(相生23クリニック)では、最高の技術と信頼関係を重視して、診察から治療まで一貫しています。
パイプカット手術を検討されている方は、横浜市にあるAioi23クリニック(相生23クリニック)で自身の悩みや希望をじっくりと相談されてみてはいかがでしょうか。

 

トップへ戻る