アメリカと日本のパイプカット手術の現状は?

アメリア・ニューヨーク出身の「ジョナサン・スタック」は、アカデミー賞にノミネートされたことがある有名な映画監督です。
そんな彼が、アメリカ全土に向けてパイプカット手術を推奨しています。
彼が世界中にパイプカット手術を広めたいと思う気持ちには、これまで撮影場所で経験してきた背景があるようですが、アメリカではパイプカット手術がどのくらい実施されているのでしょうか?
今回は、アメリカと日本のパイプカット手術事情について検証していきたいと思います。

 

パイプカット手術は男性を自由にするもの?

冒頭で名前を挙げたスタック氏は、映画監督である傍ら世界中に足を運び映画撮影を行ってきました。
その中で紛争地域や貧困地域にも訪れた彼は、途上国の悲惨な現状を目のあたりにしたのでした。
彼が最も注目したのは干ばつを引き起こすまでの気候変動です。
これは、そうなるまでの経緯に人口が爆発的に膨れ上がってしまったことを意味していました。
彼自身もまた、母親の違う3人の子どもを持つ親であることも少なからず影響しているようです。
子育てに忙殺される暮らしにうんざりし、パイプカット手術を検討したのでした。
ケニアで出会ったステイン医師と出会い、パイプカット手術を受けている患者はみんな手術に対して前向きだと言っています。
パイプカット手術を受ける男性は、女性に負担をかけないためと無計画な子作りによって二酸化炭素排出量をこれ以上増やさないための最善策だと考えたのです。
スタック氏は人口問題を解決するには女性よりも男性が協力すべきだと感じています。
最終的には全人類が幸福になることを目標に、パイプカット手術を世に広めていきたいと考えたのです。

 

アメリカでパイプカット手術はどのくらい普及しているか?

アメリカ各地にある病院では、パイプカット手術の希望者が年々増加しています。
経済的な不安から少子志向を意識している夫婦が目立ってきていることも考えられますが、通常の手術よりも数十分程度できる外来手術という手軽さも関係しているようです。
そんな中アメリカでは、メスを使わない最新式のパイプカット手術が普及しています。
日本でパイプカット手術の需要がある神奈川県横浜市でも、採用しているところが年々増えてきました。
男性のパイプカット手術は20〜30程度で完了する為、女性の卵管をふさぐ避妊手術に比べ圧倒的に、体へのリスクが少なく安全です。
全米規模の具体的な統計はありませんが、先進国にも関わらず出生率が激減してきていることが明らかになっていることから、もしかしたらアメリカでパイプカット手術が普及してきている証拠と言えるのではないでしょうか。

 

横浜でもパイプカット手術に興味を持っている人は多い?

アメリカの出生率に対して、日本の出生率はここ50年の間は安定してきています。
横浜市で最も出生率が多い地域は、横浜市都筑区や鶴見区となっています。
ファミリー世帯が多く横浜市街までの交通の便が良いことから、人口が多い地域となっていますが子どもの人数も横浜市は多いようです。
横浜市には児童手当があり、中学生まで手当が定期支給される制度が導入されています。
その為、無計画に子どもを生む人も少なくありません。
ですから、子どもがたくさんいてこれ以上子どもを作る必要のない夫婦がパイプカット手術を希望することが多くなっています。
横浜で行われるパイプカット手術は、精子を精嚢まで送りだす精管を切断する手術が一般的な方法です。
パイプカット手術をしても、性機能に変化はなく精液内に精子の混湯を防ぐことを目的に行われる手術です。
避妊具やピルを使わず避妊できるようになるので、女性が妊娠することを気にせず性生活を送れるようになるでしょう。

 

パイプカット手術は、部分麻酔のみで行われ術後の腫れは1週間程度で引いていきます。
重労働でなければ手術当日に仕事を行うこともできますので、神奈川県横浜市内にお住まいの方は近くのクリニックを探してみてください。
手術箇所はしわの多い陰嚢部分になるので、手術跡が気になることもありません。

トップへ戻る