神奈川・横浜のクリニックは
包茎とパイプカット手術が同時治療できるって本当?

神奈川県横浜にある男性専用クリニックで最も多く寄せられている悩みは包茎です。
局所麻酔で手術を行い、包茎手術と同時にパイプカット手術ができることをご存知でしょうか?
パイプカット手術は最も確実は男性の避妊方法です。
考え方は人によって違いますが、1度の手術で複数の悩みを解消したいと思う男性も多いことでしょう。
神奈川県横浜市には、パイプカット手術または包茎手術を同時治療できる男性クリニックが多数あります。
神奈川・横浜近郊にお住まいの男性は、ここでパイプカット手術と包茎手術の同時治療の流れや所要時間、注意点などを知っていきましょう。

パイプカット手術の条件

パイプカット手術に興味はあるものの、希望すれば誰でも受けられる治療なのか不安に思う方も多いでしょう。
神奈川・横浜で受けるパイプカット手術に年齢制限はありませんが、一度手術を受けると元の状態に戻すことは非常に難しいと言われているため、将来子どもを希望する場合はおすすめしません。
神奈川・横浜のクリニックでは30歳以降の既婚者男性を対象に治療の案内をしているところが多いようです。
これは、一時の迷いでパイプカット手術をしてみたものの、数年後に気持ちが変わり後悔することをできるだけ回避するためです。
しかし、20代でも配偶者・子どもがいるご家庭の場合は、医師の判断により手術を案内することはあるでしょう。
その際は、母体保護法によりパートナーの同意書が必要になるので配偶者とよく相談した上で決めてください。
神奈川・横浜に在住の30歳以降独身男性は同意書なしでも案内可能ですが、「二度と子どもが作れない可能性が大きい」ということは理解しておきましょう。

 

・20代でも子どもがいて結婚されている男性は可能
・独身男性で子どもがいない場合は30代から施術可能
・20代でも特別な理由がある場合は保護者同伴または同意次第で施術可能

 

妊娠を望んでいない状態での妊娠は男性だけでなく、パートナーにとっても大きな負担になります。
2人の性行為を円滑にするためにはパイプカット手術という選択肢は、状況によってはメリットの大きいものになります。

パイプカット手術と包茎手術は定番な手術?

パイプカット手術を希望する男性の多くは、安心感を持って性行為に挑みたいと思う理由で検討する方が多いのではないでしょうか。
パイプカット手術後にパートナーとの性行為を楽しみたいという方が悩みを抱えることがほとんどです。
パイプカット手術と同時に包茎についての以下のような悩みを改善したいという声もあります。

 

・ペニスの短小を改善したい
・ペニスから放つ臭いを解消したい
・皮被りのコンプレックスをなくしたい
・早漏が気になる
・包皮が切れてしまう悩みがある
・包皮が痒くなったり赤くなったりするのが苦痛
・気軽に温泉やサウナなどに入れない
・入院などの際に下の世話を受けるのが心配
・子どもやパートナーと一緒にお風呂に入れない

 

このように人によって悩みは様々ですが、どの項目も「もっと自分に自信を持てるようになりたい」という思いから出てくる問題です。
包茎を改善すると同時にパイプカット手術を受けて、2つの悩みを一度に解消できたらという声もよく耳にします。
神奈川・横浜のクリニックでは麻酔箇所や手術内容などは施設によって異なりますが、パイプカット手術と包茎手術が同時治療できる施設がほとんどです。
特に神奈川県の横浜エリアには同時治療が受けられる男性クリニックが多数あるので、希望する場合はまずカウンセリングを受けてみてください。
パイプカット手術の内容事態はそれほど大規模なものではないので、興味のある方は一度、神奈川・横浜のクリニックに現状とパイプカット手術を希望する理由を伝えてください。

パイプカット手術と包茎手術の治療内容について

パイプカット手術と包茎手術は同時治療できることがわかりました。
では、どのような流れで手術が行われるのでしょうか?
まず、手術前の麻酔についてはパイプカット手術の場合は陰嚢に麻酔をします。
一方、包茎手術の場合は陰茎に麻酔をします。
麻酔するのはこの2箇所ですが、それ以外単体の治療を行うことはありません。
パイプカット手術自体は、20〜30分程度で終了しますが包茎手術も一緒に行う場合は、同時手術で1時間程度です。
これは、同時手術での所要時間となっており、別日にそれぞれの手術を実施した場合はさらに多くの時間を費やすことになるでしょう。
どちらも切ったり縫ったりする施術になるので、一度にされた方が手術の管理も一度で済ませることができます。
神奈川・横浜にあるクリニックは、先行予約で手術を行っているので希望の日時に予約できないこともあります。
術後の通院も同時手術をした場合、一度の診察で2箇所の傷の経過を確認・検査してもらうことが可能です。

パイプカット手術と包茎手術の注意点

パイプカット手術も包茎手術も手術後は、傷を治すために数週間の射精禁止や入浴の際は患部が濡れないようにするなど注意点がいくつかあります。
ここで、神奈川・横浜で手術を受ける際、気をつけてほしいポイントを見ていきましょう。

パイプカット手術後の注意事項

パイプカット手術後は、切開部に傷口を保護するためのカットバンが1週間程度つきます。
そのため、その間は患部が濡れないようにシャワーしてください。
性行為は3週間後から再開するようにし、この時は避妊をします。
その後10回以上射精を行ったら精液検査をしに来院します。
避妊の有無はこの精液検査の結果をクリアしなければなりません。
基本的には1ヶ月以降に精液検査をしに神奈川・横浜にあるクリニックへ来院することになるでしょう。
また、1週間くらいはアルコール摂取や激しい運動は控えます。
直接患部に支障がなければ仕事や普段通り生活することはできますが、術後の経過は個人差があるので医師の指示を優先するようにしてください。

包茎手術後の注意事項

包茎手術の後は1週間近く1日1回包帯の取り替えを行い、消毒をします。
入浴は2〜2日経過すればシャワーは可能です。
基本的にパイプカット手術と同様、アルコールと激しい運動は厳禁です。
2週間以上経過すれば傷口が安定してくるので、マスターベーションも含め普段通りに生活することができるでしょう。
包茎手術はこれまで亀頭を覆っていた包皮がなくなるので、露出した箇所が下着に当たると違和感があるかと思います。
しかし、2〜3週間もすれば慣れてくるので処方された抗生物質や止血剤を服用しできるだけ安静にするよう心掛けてください。

 

このようにパイプカット手術と包茎手術にはそれぞれ術後の注意点がありますが、入浴や運動など注意点は基本的に統一されています。
一回の手術で2つの悩みを解消することができ、術後の煩わしさを同じタイミングで済ませられるので、神奈川や横浜では多くの方が同時の治療の治療を希望します。
これは、神奈川・横浜にある専門クリニックだからこそできることで、他の治療と組み合わせたセット手術を提案しているところもあります。
しかし、心臓病や糖尿病、心血管系疾患などの持病をお持ちの方は、同時治療できない可能性が高いです。
血液をサラサラにする薬を服用していたり、血糖や血圧をコントロールする薬を服用していたりするケースが多いからです。
その場合は、手術を別日に設けなければいけないので、心配な方は神奈川・横浜のクリニックまで確認してください。

 

今回は、パイプカット手術と包茎手術を同時に治療を依頼できるかどうかについてご紹介しました。
神奈川・横浜エリアでは他院に比べて短時間で手術を終わらせられるクリニックが多いです。
神奈川・横浜で手術を行う際はそれぞれ治療条件がありますが、どちらの手術も比較的簡単でそれなりに実績・効果のある手術です。
同時治療でも日帰り手術が可能となっていますので、神奈川・横浜以外の遠方から来院した場合でも入院の必要はありません。
神奈川・横浜エリア在住の方でパイプカット手術・包茎手術を希望する場合は、同日治療可能なクリニックに相談してみましょう。

トップへ戻る