No.2 木村泌尿器皮膚科

木村泌尿器皮膚科

実績

・泌尿器科・皮膚科として平成17年から10年以上行なっている
・他の疾患が見つかった場合でも他科の医療機関との連携して迅速に対応してくれる
・予約制ではない。

料金 90,000円
支払い方法

・現金払い

診療時間

平日
9:30〜12:30
15:30〜18:30
土曜日
9:30〜14:30
日曜日 休診

住所 〒224-0032

神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央 1-51

電話番号 045-949-3066
最寄り駅 横浜市営地下鉄センター南駅徒歩1分
アフターケア

・電話にて無料相談

口コミ@

手術して悩みが解決できた。

口コミA

対応は悪くなかったです。

 

 

横浜でパイプカット手術なら木村泌尿器皮膚科!
ベテラン医師だから安心

パイプカット手術はコンドームやピルを使った避妊よりも確実性がある避妊手術で、家族計画など家庭の事情から手術を検討される男性が増えています。
横浜にはパイプカット手術が受けられるクリニックがいくつかありますが、木村泌尿器皮膚科もその1つです。
木村泌尿器皮膚科は、神奈川県横浜市センター南駅のバスターミナル前にあるクリニックで、泌尿器科医として40年間も活躍されているベテラン医師が院長を務めています。
パイプカット手術は45分程度で完了するので、体にも負担をかけにくく、入院も不要で日帰りできることから横浜市内の方はもちろん、市外地からも受けに来る方が多いようです。

横浜の木村泌尿器皮膚科はベテラン専門医による施術で安心

木村泌尿器皮膚科は横浜市の地域に密着したクリニックで、木村院長の腕や人柄は多くの横浜市民に認められています。
院長は東大出身で、大学卒業後から泌尿器科医として活躍されているのでパイプカット手術の症例もたくさんあり、長年培われた知識と技術で安全なパイプカット手術を提供しています。
パイプカット手術は睾丸にある精管近くの皮膚に小さくメスを入れ、そこから摘出した精管を切断し精管を閉鎖して、精液に精子が混ざらないようにする手術です。
男性器に関する治療の中でも比較的簡単な手術ですが、経験豊富なベテラン医師が行わないとトラブルになりやすいとされています。
横浜の木村泌尿器皮膚科はパイプカット手術の経験が多い院長が丁寧に行ってくれるので、トラブルなく安心して受けられるでしょう。

横浜の木村泌尿器皮膚科でパイプカット手術が受けられる条件は?

横浜の木村泌尿器皮膚科でパイプカット手術を受けるにあたり、受けられる患者に条件があります。
パイプカット手術は母体保護法という法律を元に行われているので、規制を受けないために木村泌尿器皮膚科は原則として既婚男性を条件にしています。
また、それだけではなく子どもが2人以上、配偶者の同意を条件にパイプカット手術を認めています。
切断した精管は再度つなぎ合わせることは可能ですが、成功率はわずか2%とされているのです。
再びつながっても正常に機能するとは限らないので、一時的な避妊目的として行わないように、木村泌尿器皮膚科は条件を明確に定めています。
パイプカット手術にはデメリットがあるので、そのデメリットを理解した上で決断するようにしましょう。
一方、経済的な都合や年齢の関係で妊娠を望んでいない既婚男性には適した手術と言えます。
妊娠のリスクがほぼなくなるので、今まで不安で満足な性行為ができなかった夫婦もその不安から解放され、性行為を楽しむことができるでしょう。

女性に一切負担をかけない横浜の木村泌尿器皮膚科のパイプカット手術

避妊手術は男性のパイプカット手術だけではなく、女性にも「卵管結紮術」というものがあります。
この手術は卵管を切断して縛る、もしくは医療用クリップやバンドで留めて排卵を抑制して避妊する方法です。
お腹を切開して行うパターンと、膣側から行うパターンがあり、女性の体に大きな負担を与える方法と言えるでしょう。
また、パイプカット手術よりも費用が高いこともあり、横浜では費用面の都合でパイプカット手術を選ぶ夫婦が多いようです。
パートナーの体を労わって横浜で避妊される方は夫婦で話し合った上で、一度木村泌尿器皮膚科に相談されてみてはいかがでしょうか。

木村泌尿器科皮膚科の気になる副作用や費用内訳は?

女性の避妊手術より負担の軽いパイプカット手術ですが、木村泌尿器皮膚科をはじめ横浜市のクリニックでは、副作用や料金など様々な質問や相談が見られます。

パイプカット手術に副作用があるのか?

副作用を心配される方は多いと思いますが、パイプカットは副作用がほとんどない安全な治療とされています。
切開するので傷跡が残りますが、わずか1cmと小さいので回復は早く、また睾丸のシワに隠れて目立たないので見栄えで心配することはありません。
横浜市の木村泌尿器皮膚科では手術時に局部麻酔をするので手術中に痛みなく、術後も痛み止めが処方されるので痛みはカバーできます。
痛みも一時的なもので、数日経てば治まるので不安になることはないでしょう。
稀に傷口が炎症して腫れを伴うこともありますが、これも一時的な症状なので長引いてしまう心配はないと言えます。
木村泌尿器皮膚科はベテランの院長が手術を行うので、副作用のリスクはほぼないと言えるでしょう。

性欲や精力がなくなる、射精できなくなる?

パイプカット手術をしたことで性欲や精力が低下する、EDになるという副作用はありません。
この手術は精管以外の男性機能に悪影響を与えることはないので、今までと変わらない性欲や精力、勃起力を維持できます。
また、精管を止めることで射精できない、できても量が減るのではないかと心配される方も多いでしょう。
精液が出る尿道は正常に機能しているので射精ができないということはありません。
精液は前立腺の分泌物で構成されており、精子はその一部に過ぎず占めている割合も少ないので、精子の混入を防いでも精液の量が減ることはないのです。

料金には何が含まれている?

パイプカット手術は保険が適用されない自由診療となり、横浜市でもクリニックによって料金や内訳が全く異なります。
クリニックによっては料金が不透明で不安になる方も多いようですが、木村泌尿器皮膚科は料金表示がしっかり提示されているので安心です。
木村泌尿器皮膚科での費用の内訳は手術代に加えて、化膿止め・痛み止めの薬代、翌日傷を確認する際の診察代、精子検査代となっています。
初診の際は初診料がかかりますが、保険が適用されるので保険証を持参すれば1〜3割の自己負担で済ませることが可能です。
費用には翌日の診察代や精子検査代がすでに含まれているので、追加請求されることもありません。

パイプカット手術前後の食事

特に食事の回数に制限はありませんが、横浜の木村泌尿器皮膚科では「昼食は手術後に取るようにする」と記載されています。
朝食や夕食はいつも通りに食べても問題ありませんが、手術直前の食事は避けるようにしましょう。
また、食べ物に関しても特別制限はありませんが、傷の治り具合や痛みを考慮して数日は飲酒や辛いものは避けた方が安心です。
傷が開かないように数日安静にして、患部に衝撃を与えないように気を付けていれば、日常生活に大きな制限が見られないという点はパイプカット手術の利点と言えます。

横浜の木村泌尿器皮膚科は土曜の診療も対応

横浜では平日だけではなく、休日診療に対応したクリニックが増えており、木村泌尿器皮膚科でも土曜日の診療に対応しています。
木村泌尿器皮膚科では30歳以上の方にパイプカット手術が可能で、ちょうど働き盛りの世代に当てはまります。
平日は休んで受けられないという方も、土曜日に対応していれば受けやすいでしょう。
木村泌尿器皮膚科の診療時間は木曜を除く平日は9時〜12時半、15時半〜18時半まで対応していますが、土曜日は9時〜12時半、12時半〜14時半と平日と少し違うので注意してください。

 

妊娠を望まないのであればコンドームやピルでの避妊は欠かせませんが、性行為に夢中になると避妊を忘れてしまう人は少なくありません。
また、避妊を気にしすぎて性行為が楽しめないと悩む夫婦は横浜でも多いでしょう。
パイプカット手術は低リスクでほぼ確実に避妊できるので、家庭計画がしっかり立てられている方に適した避妊手術です。
横浜でもニーズが高まっているので、気になっている方は一度クリニックに相談してみましょう。
中でも木村泌尿器皮膚科は横浜市でも評判が高く、ベテラン医師による手術なので、経験豊富な専門医に手術してもらいたいと考えている方におすすめです。
センター南駅のバスターミナル前とアクセスも便利なので、横浜でパイプカット手術を受けたい方は木村泌尿器皮膚科に受診してみましょう。

 

トップへ戻る