妊娠しないのは本当?
【避妊率99.5%】確実性の高い避妊方法
「パイプカット手術」とは

パイプカット手術
性行為はしたくても妊娠は避けたい…
当然、妊娠を望まないなら避妊をすることになります。
避妊方法にも様々な選択肢があります。

 

例えば、コンドーム、ピル、アフターピル、子宮内避妊器具(IUD)、卵管結紮手術などがあげられます。
こうした避妊方法の中でもトップクラスの避妊率なのが、「パイプカット手術」です。
性行為の際に「避妊のわずらわしさ」や「妊娠への不安」を感じた経験がある方も多いのではないでしょうか?
避妊の可能性を高めるパイプカット手術とはどんな方法なのか?

 

神奈川県横浜市でパイプカット手術ができる安心安全のクリニックを選ぶ為の比較するポイントをこのサイトで詳しく解説しています。
例えば、あまり技術力のないクリニックでは手術を受けられたとしても、手術後のトラブルが発生したり手術の傷痕が目立って残ってしまったり様々な問題が起きてしまう可能性があります。

 

こちらのサイトでは本当に信頼できる安全なクリニックだけを厳選して紹介しています。
パイプカット手術のクリニック選びにきっと役立つ情報が見つかるので、是非、最後までご覧ください。

パイプカット手術とは?

パイプカット手術とは
あなたは、パイプカット手術と聞くとどんなイメージを思い浮かべますか?
この言葉を聞いた方の中には男性器そのものを切断してしまうのではないか?と思っている方もいるかと思いますが、実際は異なりますのでご安心ください。

 

パイプカット手術とは、精管結紮術(せいかんけっさつじゅつ)と呼ばれています。
精管を遮断することによって睾丸で作られた精子が、精液に入り込まないようにする為の方法を指しているのです。
通常、睾丸で作った精子は精管を通って前立腺まで移動してきます。

 

前立腺からは精液が分泌され、その中に精子が混ざってから射精される仕組みになっています。
パイプカット手術をすると精子が含まれない状態の精液が射精されることになり、避妊できるという訳です。
手術も30分程の外科治療で高い避妊効果を得ることができ、更に日帰り手術ができるので仕事への影響も少なく安全な避妊方法です。

パイプカット手術のメリット

パイプカット手術のメリット
パイプカット手術のメリットは、様々な避妊方法がある中で、最も避妊率が高いということです。
子供が既にいるので妊娠は避けたいが性行為は行いたいという方の場合、コンドームを使って避妊したとしても妊娠する可能性はゼロとは言い切れません

 

妊娠は女性にとっても大きな負担をかけてしまうので、限りなく妊娠の可能性をゼロに近付け性行為を楽しみたい場合は、パイプカット手術がおすすめです。

 

パイプカット手術は、精液自体は射精されるものの、その中に精子が含まれない為、コンドームなどを使った避妊方法よりも妊娠する可能性がかなり低く避妊率は99.5%というでーデータがあります。
100%、完全にゼロという訳ではありませんが、限りなく妊娠の可能性はゼロに近づきます。

神奈川県横浜市でパイプカット手術をする流れ

神奈川県横浜市でパイプカット手術
神奈川県横浜市でパイプカット手術をするなら、病院やクリニックに相談しましょう。
診療科は泌尿器科、もしくは美容外科でも手術は可能です。

 

横浜市にも泌尿器科・美容外科は共に多いので、クリニックを選ぶ時は安全性や費用面も考慮しながらどのクリニックに受診するか検討してみましょう。
パイプカット手術は30分程の外科治療です。

 

1.予約
まずは、条件にあったクリニックに電話やメールで予約をしましょう。
2.来院・受付
予約した日時にクリニックに来院します。
3.診察・カウンセリング
診察、カウンセリングをしてもらい安全にパイプカット手術ができるかどうか先生に診てもらいます。
先生からどんな手術なのか?詳しい説明があるのでしっかりと話を聞き、不安なことや疑問点があればその場で質問をして解消しておきましょう。
4.お支払い
5.パイプカット手術
パイプカット手術は局所麻酔をするので痛みを感じずに手術ができます。
6.帰宅
手術が終わった後も万が一痛みが来てしまった時の為に痛み止めの薬が処方されます。
7.アフターケア
手術後は1〜2ヶ月間通院する必要もありませんが、その間に精管に残ってしまった精子を全て出しきる必要があります。
8.精液検査
パイプカット手術をしてから15?20回ほど射精をして精液検査を受けましょう。
精液検査にて無精子を確認できたら手術が完了します。
注意点
この期間に性行為を行ってしまうと妊娠してしまう可能性があるので必ず注意してください。手術してから1〜2ヶ月後にクリニックで精液検査を実施し、精子が混ざっていないかが確認できたら手術完了となるので、避妊を気にすることなく性行為が楽しめるでしょう。

 

パイプカット手術は、他の避妊方法に比べて確実性の高いものです
女性の避妊手術もありますが、男性に比べてかなり負担の大きなものになってしまうのでパイプカット手術は女性の身体に負担をかけずに確実に避妊できる方法です。
これ以上、子供は育てられない、経済的に厳しいという方で性行為を楽しみたい場合は、是非、パイプカット手術を受けてみましょう。

神奈川県横浜市 【パイプカット手術】人気クリニック一覧

メンズサポートクリニック 神奈川 横浜院
メンズサポートクリニック 神奈川 横浜院の詳細
パイプカット手術 横浜  メンズ サポート クリニック
価格
80,000
評価
評価5
備考
JR横浜駅から徒歩6分
実績
痛くない5段階麻酔
完全無痛手術で行なう事ができ、日帰り手術で30分程度で実施可能
無料カウンセリング
完全個室
院長自ら施術
医師とスタッフ、看護師は全員男性
様々な大手メディアから取材を受けており、30,000件以上の症例の実績がある
診療時間
平日・土日祝
10:00〜20:00
24時間電話相談無料
匿名でもOK
支払い方法
現金払い
クレジットカード
デビットカード
銀行振込
月々3,000円からご利用いただける医療分割制度
住所
〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2丁目11ー1 横浜MSビル6F
電話番号
0120-84-3800
メンズサポートクリニック 神奈川 横浜院の総評
男性治療専門の総合クリニック!
医師、看護師、受付スタッフの全員が男性!!
30,000件を超える症例実績と日帰り手術で自然な仕上がりを!
当サイト比較ランキングの第1位は、メンズサポートクリニック神奈川横浜院です。
メンズサポートクリニックは神奈川県横浜市西区にある男性治療専門のクリニックです。
メンズサポートクリニックは医療法人社団清佑会が運営するクリニックです。
医師、看護師、受付スタッフ全員が男性のクリニックです。
30,000件を超える男性治療の症例実績があり、男性特有の悩みについて知り尽くした医師、看護師、スタッフが親身になってサポートをしてくれます。
「痛くない5段階のオリジナル無痛麻酔」男性治療専門院ならではのオリジナル無痛麻酔で、最大限痛みをコントロールした中で、パイプカット手術を終えることができます。
手術後の無料再診察制度があり、「24時間サポート窓口」が設置されています。
万一の時にも24時間、親身に対応してくれるので安心できます。
木村泌尿器皮膚科
木村泌尿器皮膚科の詳細
パイプカット,横浜
価格
90,000
評価
評価4
備考
横浜市営地下鉄センター南駅徒歩1分
実績
泌尿器科・皮膚科として平成17年から10年以上行なっている
他の疾患が見つかった場合でも他科の医療機関との連携して迅速に対応してくれる
予約制ではないため、いつでも診療は可能なため、診療ののちにスムーズに手術の予約ができる。
診療時間
平日
9:30〜12:30
15:30〜18:30
土曜日
9:30〜14:30
日曜日 休診
支払い方法
現金払い
住所
〒224-0032
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央 1-51
電話番号
045-949-3066
Aioi23クリニック(相生23クリニック)
Aioi23クリニック(相生23クリニック)の詳細
パイプカット,横浜
価格
150,000
評価
評価3.5
備考
JR関内駅南口より徒歩5分
市営地下鉄関内駅一番出口より徒歩5分
実績
医療法人として運営しているためしっかりしている。
院長自らが執刀を行なっている。
患者に寄り添って診療を行なってくれる。
診療時間
平日、土曜日
10:00〜15:00
17:00〜23:00
※木曜日
17:00〜23:00
日曜日 休診
支払い方法
現金払い
クレジットカード
住所
〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町1-3 モア・グランド関内ビル1F
電話番号
045-222-7710
エストクリニック横浜院
エストクリニック横浜院の詳細
パイプカット,横浜
価格
200,000
評価
評価3.5
備考
JR横浜駅から徒歩6分
実績
日帰り手術が可能
総院長が自ら施術
無料カウンセリング
完全個室により他の方と顔を合わせることなく、診療が行える
無痛麻酔によって痛みがなく手術が行える
受付以外の医師と看護師は男性のみ
診療時間
平日、土日
10:00〜20:00
支払い方法
現金払い
クレジットカード
住所
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-5-5小池ビル3F
電話番号
0120-399-5500
横浜東口鳥居クリニック
横浜東口鳥居クリニックの特徴
パイプカット手術 横浜
価格
80,000
評価
評価3
備考
JR横浜駅から徒歩3分
実績
泌尿器科・皮膚科として平成17年から10年以上行なっている
男女行なっている
他の疾患が見つかった場合でも他科の医療機関との連携して迅速に対応してくれる
予約制ではないため、いつでも診療は可能なため、診療ののちにスムーズに手術の予約ができる
診療時間
平日
9:00〜13:00
15:00〜19:00
※土曜日は午前のみ
日曜日
休診
支払い方法
現金払い
住所
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-14-13エストビル3F
電話番号
045-450-3331

独身でも受けられる?
パイプカット手術を受ける為の条件について

妊娠してしまう可能性をできるだけ低くできるパイプカット手術には、多くのメリットがある一方でデメリットや注意点などもいくつか存在します。
また、受けられる人とそうでない人がいるという点も理解しておく必要があるでしょう。
では、パイプカット手術をする際にどんなことに注意しなくてはならないのか?またパイプカット手術を受ける為の条件について、ご紹介していきます。

パイプカット手術にはどんなデメリットがある?

パイプカット手術のデメリット
パイプカット手術は避妊の確実性を高める方法です。
パイプカット手術を受けると当然ですが、子供を作ることは難しくなります。
手術する際は、上記の内容に納得した上で行われるので、デメリットになるのか?と考える方もいるかもしれませんが、万が一パイプカット手術後に気持ちが変わって子供を作りたいと感じても子供作りは難しくなってしまいます。
このようなデメリットもあるので、クリニックでは必ずパイプカット手術をする前に必ずパートナーから同意書を書いてもらい、本人とパートナーの同意を得ないと手術ができません。

 

パイプカット手術後は子供を作ることは難しいものの、実は再手術も可能です。
再手術によって精管をつなげたとしても必ず妊娠させることができるという訳ではありませんが、それでも再手術を行った方が妊娠する確率を高められます。
再手術は体への負担にもつながりますが、どうしてもパイプカット手術をした後に子供が欲しくなった場合は、再手術を検討してみるのも良いでしょう。

パイプカット手術を受けられる条件とは?

パイプカット手術を受けられる条件
パイプカット手術は母体保護法に基づいて行う手術で妊娠に関わる大切なものです。
妊娠が母体の健康に重大な悪影響を与える場合に認められています。
パイプカット手術をする際に、条件を設けているクリニックが多いです。
この条件の基準は各クリニックによっても若干異なり、クリニックによって若干条件が変わってくるので注意が必要です。
例えば、30歳以上でないと手術が受けられなかったり、結婚されていて子供が何人かいる場合でないと受けられなかったりと条件は様々です。
もしパイプカット手術をしたいと考え、クリニックに相談する時はこうした条件も事前に聞いておくと良いでしょう。

独身でもパイプカット手術は受けられる?

独身でもパイプカット手術は受けられる?
パイプカット手術の条件として、独身でも受けられるかどうか気になる方も多いかと思います。
配偶者がいる場合は必ず同意書を書いてもらうことになるので、結婚していないとパイプカット手術は受けられないのでしょうか?
先程も少し触れましたが、クリニックごとに様々な条件が設けられているので、独身の方でも普通に受けられるクリニックもあれば、断られてしまう場合もあります。
その為、独身の方でもクリニックによってはパイプカット手術が行える可能性はゼロではありません。

 

独身の方でパイプカット手術を受けたい場合は、受ける為の理由を明確にしておきましょう。
「子供が生理的に苦手で、一生子供は作らないと考えている」という理由であれば、パイプカット手術受けられるケースが多いようです。
「多くの女性と遊びたいから」、「遊びなのに妊娠させるのは面倒だから」というような理由では、クリニックの医師も手術を断る可能性が高いので、要注意しましょう。
独身の方でも、パートナー(事実婚・内縁の妻)がいれば同意書を書いてもらう可能性は高いので、クリニックに問い合わせた時に同意書が必要かどうか確認しましょう。

 

パイプカット手術にはメリットだけではなくデメリットや条件などもありますが、手術を受けることによって女性の負担を減らせることや、子供を作りたくないという人にとって、とても有効な手段と言えます。
避妊率99.5%とトップクラスの避妊率を誇るパイプカット手術は、日帰り手術ですので、パートナーとしっかり相談したり、自分自身本当に子供はこの先いらないかどうか考えたりしてから、クリニックでパイプカット手術の相談をしてみましょう。

パイプカット手術は安全なのか?
副作用や後遺症があるか確認しよう!

パイプカット手術は安全なのか?
安全性が高く一般的に使用されるコンドームは、数ある避妊方法の中でも失敗率が高いとされています。
確実に避妊する方法としてパイプカット手術を選ぶ方は日本でも年々増加しています。
ですが、副作用や後遺症が気になるという方も多いのではないでしょうか?
ここではパイプカット手術の安全性や手術後の注意点などについてご紹介していきます。

パイプカット手術は副作用や後遺症がほとんどない!

パイプカット手術を受けることで性欲減退やED、射精感がなくなることを心配される方は多いようですが、そのような副作用や後遺症が出ることは一切ありません
精液に精子が混入することを防ぐ手術となるので射精ができないことはなく、性生活や身体に支障が出にくい、安全性の高い避妊手術だと言われています。
通常の精液に含まれる精子はごくわずかで、残りは前立腺の分泌物から構成されているので、パイプカット手術によって量や濃さ、射精の感覚が変わったりすることはないと考えて問題ないと思います。

 

また、パイプカット手術を受けることで男性ホルモンが減少することもないので、精力や勃起力が損なわれることもないのです。
手術後に痛みや腫れが見られる場合もありますが、1週間程度で治まるでしょう。
副作用や後遺症の心配はありませんが、もし違和感が長引く場合は手術をしたクリニックに相談してみてください。

パイプカット手術は傷跡が目立たない

パイプカット手術は男性器に大きな傷をつけるイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、手術の方法は陰嚢に小さな穴を2つ開け、2本の精管を引き出して切断するシンプルな方法になります。
陰嚢に開ける穴の大きさはわずか1cm未満で、精管を陰嚢に戻す時も再度切開する必要もなく、目立つような傷跡が残ることはありません。
また、時間の経過と共に陰嚢のシワに隠れて傷跡は目立たなくなるので、男性器の見た目が損なわれてしまうこともないでしょう。

パイプカットの手術後に注意するべきこと

パイプカット手術を受けるにあたり、術後の注意点がいくつかあります。
まず、手術後は患部に衝撃を与えないように安静状態を心掛け、重労働は避けましょう。
小さな傷で済む手術ですが、陰嚢の皮膚は柔らかいので強い衝撃を与えると縫合した糸が解けて傷が開いてしまう恐れがあります。
1週間は激しい運動、自転車・バイクの使用、性行為、飲酒を控えるようにしてください。
入浴は抜糸後から可能なので、手術後は患部を濡らさないように気を付けてシャワーだけにしましょう。
また、手術中は局部麻酔をするので痛みは感じませんが、手術後に痛みを感じることが稀にあります。

 

パイプカット手術の痛みは男性器の手術の中でも比較的に軽いとされていますが、痛みが気になる方は処方された痛み止めの薬を服用して痛みを和らげましょう。

パイプカット手術後は精液検査を受けよう

性行為は手術から1週間ほど経てば可能ですが、まだ精管に残った精子が精液に混ざっている可能性があり、パイプカット手術後も1ヶ月は避妊が必要と言われています。
避妊ができていると確信を持って性行為をされたい方は、パイプカット手術後に必ず精液検査を受けるようにしましょう。
精液検査では最低20回以上射精をして精子を追い出し、採取した精液に精子が混入していなければパイプカット手術の成功です。
パイプカット手術をしたのに避妊に失敗していたと後悔しない為にも、精液検査を勧められた時は必ず受けるようにしてください。

 

避妊率99.5%のパイプカット手術は、副作用や後遺症の心配がなく安心して受けられる手術です。
神奈川県横浜市でパイプカット手術が受けられるクリニックを探す時は料金だけではなく、症例数や実績にも注目して信頼できるクリニックを選ぶようにすると、より失敗や後悔するリスクを回避できるようになるでしょう。

高確率で避妊できる.。
パイプカット手術に適している人の特徴とは?

避妊をする為にコンドームやピルの使用は一般的です。
最近は避妊手術で確実に回避することを選ぶ人も増加しています。
パイプカット手術は男性器に施す避妊手術ですが、どのような人が受けているのでしょうか?

 

ここではパイプカット手術が適している人の特徴と手術を決断する上での注意点をご紹介しましょう。

パイプカット手術は出産を望まない中高年の男性に適している

パイプカット手術は子供を望んでおらず、30代前半〜50代まで幅広い年齢層の方が手術をしていることが多い傾向にあります。
既に子供がいて家族計画の都合でこれ以上子供を増やしたくない、経済的に厳しいなど理由は様々ですが、色々な事情で出産を望まない人も多いのです。
ただ、妊娠を望まなくても性欲が失われることはなく、また性行為は夫婦やカップルのコミュニケーションの一つでもあります。
避妊の為に性行為自体を少なくなるとセックスレスの要因にもなってしまい、夫婦関係に亀裂が生じることもあるでしょう。

 

コンドームは数ある避妊方法の中でも避妊の成功率が低いとされています
その理由はコンドームが正しく装着されていないことや、性行為中に外れてしまうリスク、肉眼では見えない程、小さな穴が空いた不良品を使っていることなどが挙げられます。
女性が服用するピルは性欲が変化したり、多血症のリスクがあったりするので、長期的な服用はパートナーの体に負担を与え続けることになるでしょう。
また、ピルやアフターピルの飲み忘れで避妊に失敗することもあります。

 

パイプカット手術だと精管を切断して精液に精子が入りこまないようにする手術なので、コンドームやピルと比べて確実性の高い避妊をすることが可能です。
避妊に対するストレスもありませんし、ピルの服用も必要ないのでパートナーに負担をかけることなく性行為を楽しめるようになります。

ゴムアレルギー(ラテックスアレルギー)でコンドームが使えない人にも適している

コンドームはゴムでできているので、パイプカット手術はゴムアレルギー(ラテックスアレルギー)を持っている人にも適しています。
ゴムアレルギーの人がゴム製品を使用すると発疹や喘息などのアレルギー症状が発症し、重度の場合はショック状態に陥ることもあるので、コンドームでの避妊は非常に危険です。

 

ゴムアレルギーは決して珍しいアレルギーではなく、欧米では1,000人に8人の割合で罹患していると言われています。
また、日本でもゴム手袋などの使用が多い医療関係者だけで100人に1人〜3人の割合で存在します。

 

女性がピルを飲めばコンドームなしでの避妊も可能ですが、確実に避妊できる保証はありません。
しかし、パイプカット手術ならほぼ確実に避妊ができるので、ゴムアレルギーに苦しむことなく妊娠を避けて性行為ができるようになります。

パイプカット手術は慎重に検討した上でしましょう

パイプカットは避妊手術なので一時的な効果ではなく永久的に効果が持続されます。
その為、手術を受ける際はきちんと検討した上でパイプカット手術を受けるようにしましょう。
中高年の方は加齢で生産力が衰えている可能性も考えられますが、まだ衰えのない若い方は今後子供が欲しいと思った時に後悔してしまうかもしれません。
今後妊娠を望むことはないかパートナーとしっかり話し合い、お互いの意思を確認して決めるようにしましょう。

 

高確率で避妊できることから子供を望まない男性やゴムアレルギーでコンドームが合わない男性を中心にパイプカット手術は選ばれています。
神奈川県横浜市のパイプカット手術が受けられるクリニックもあるので、パートナーと相談し、医療機関で詳しい説明を聞くようにしましょう。
不安なことや疑問に感じることは医師に相談すればすぐに解決できる場合もあります。
不安のない状態でパイプカット手術を受けることが、後悔しない為のポイントになるでしょう。

トップへ戻る